はちみつぽっどの気まぐれ備忘録(β)

hachi.mitsu.pod.co40885@gmail.com

電波に運ばれ行き着いた先をふらふら漂う何かがこっそり書くメモ帳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


| ジャンル:お知らせ | 更新時刻:13:00 | TOP↑


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昨日の事ですが。

私事です。


昨日、丸3年勤めたバイト先を退職してきました。

辞めねばならぬ事が急に決まり、そこからの一ヶ月、思い残す事の無いようにがんばってきました。

決定直後、上司同僚に報告しに行った日、泣きじゃくって30分ほど仕事になりませんでした。

それ以来、「辞めるときまで、せめてバイト先では泣かないで、せっかくだから笑って終わろう」

と思ってました。

でも、いざ終わるって思うと、なかなかうまく行かないもんですね。

昨日、全ての業務が終わり、上司に終了報告。

もうその時点で涙腺決壊寸前でした。

というか、その日一日ずっと目がウルウルしてる状態。

上司同僚にも改めて「今日までお世話になりました。ありがとうございました」

という旨の挨拶をしようと

思って

思って

思って

・・・やっぱり涙が止まらなくて

結局しゃきっと明るく挨拶、というのはできませんでした。

最後の最後に、タイムカードを押して、施設内の消灯などを見回るとき、

1箇所1箇所に「長い事お世話になりました!ありがとうございました!」と

半ばやけにも聞こえるような大声で言って回りました。

もちろんお辞儀もしながら。

最初に新品でもらった制服。

3年も(ほぼ毎日)使ってるとポケットとか紐とかほつれるもんなんです。

ほつれたところや穴の開いたところを縫い合わせてぼろぼろになった制服と名札を

店長の机に返して

店から外に出るときにもう一度

「長い間お世話になりました!ありがとうございました!」と。

涙で声あまり出なかったけど、でも店中に聞こえるように。

そしてドアを閉めて、

全てを終わりました。

次のバイト先も、こんなに思い入れができるぐらいに

がんばろう。
関連記事
スポンサーサイト

| 雑記 | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honey8pod.blog103.fc2.com/tb.php/154-5a6f9ccb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Designers ヒヨコ君増殖中 Powered by FC2BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。